think-1/お題≪Gの職業軍人たち≫


MSっ てカッコ良いですよね。私はガンプラの完成品や、よく出来た立体物をタバコを吸いながら「ボヤ~ッ」と眺めるのが好きなのですが、本当にカッコ良い。私は ジオン馬鹿なんですが(最近連邦MSの良さも分かってきました)、皆さんも当然、連邦・ジオンなど様々な「好きなMS」がお有りだろうと思います。

私がジオンのMSを好きな理由は2つあります。一つは「私好みのドラマを感じさせてくれるから」、もう一つは「私好みの職業軍人たちが愛した機体だから」…なのです。もちろん理屈抜きで「好きだっ」というのもありますが。

ジ オンはもともと勝ち目の無い戦争を連邦に仕掛けてしまいました。序盤にはMSという優位性はあったものの、中盤になるとそれも無くなり、物量の波に押し流 されるようにやがて敗戦へと向かいます。そんな状況の中、様々なエピソードにて登場するジオンの職業軍人たち…。時代やニュータイプという存在など、冷静 に考えても自分たちが「主役」ではない事は十分に分かっている彼ら…私はそんな彼らのエピソードを見る為にガンダムを見ているのかもしれません。

彼 らは自分を愛機に投影して、搭乗こそしているものの乗り込んでいるMSがまるで自分自身であるかのような鮮烈なシーンで登場します。ホワイトベース初襲撃 時のシャアザク、雷光をバックにシルエットで浮かび上がるラルのグフ、新型機にチェーンマイン一つで勝負を挑むミーシャのケンプファー、ケルゲレン脱出の 為に08小隊を恐怖のどん底に叩き落とすべくビル上に立つノリスのB3グフ、3年間という時間と温存戦力を「僅かな時間」を稼ぐ為だけにつぎ込み、矢面に 立つビッターのFⅡザク等々…。私はそんな時代に抗する彼らとジオンMSたちに、画面に描かれないドラマと鳥肌が立つほどのカッコ良さを感じてしまうので す



私もいい歳になり、組織(会社)や何かの為に自分の意に反した行動を取らねばならない事が増えました。ひょっとすると知らない間に彼らのプロ意識に共感し ているんだと思います。タバコを吸いながら、プラモの完成品や、よく出来た立体物を眺めつつ、彼らが操るMSの鮮烈なシーンを今日も思い出しています。